死別の悲しみとそのサポートを考える日本グリーフ&ビリーブメント学会

学会誌
学会誌目次

「グリーフ&ビリーブメント研究」創刊号 目次

〈巻頭言〉
「Japanese Journal of Grief and Bereavement Research」
創刊号発刊にあたって
大西 秀樹 1
〈特集~グリーフケアの今~〉
新型コロナウイルス感染症パンデミック下における死別の支援 瀬藤 乃理子,坂口 幸弘
村上 典子,前田 正治
3
自死遺族の支援 川島 大輔 13
薬害エイズ遺族をめぐる状況と様々な支援のあり方 村上 典子 21
がんで配偶者を亡くした遺族のグリーフケア
─心理状態と対処行動の視点から─
小川 祐子,平山 貴敏
鈴木 伸一,浅井 真理子
29
複雑性悲嘆の筆記療法
─筆記表現の変化を中心に─
白井 明美,中島 聡美
Birgit Wagner
37
民間信仰に根ざしたグリーフケアの可能性 谷山 洋三 43
官民連携型グリーフサポート事業の質的評価
─民側の視点に注目した予備的研究─
山崎 浩司 51
遺族の支援
─看護の立場から─
林 ゑり子 61
子どもを亡くした遺族への関わり
─遺族から学ぶグリーフケア─
濵田 裕子,藤田 紋佳
森口 晴美
69
〈書評〉
安 克昌著
『心の傷を癒すということ~大災害と心のケア~(新増補版)』
瀬藤 乃理子 77
投稿規程 79
執筆要項 81