死別の悲しみとそのサポートを考える日本グリーフ&ビリーブメント学会

学術大会
学術大会

第2回日本グリーフ&ビリーブメント学会 学術大会

第2回日本グリーフ&ビリーブメント学会学術大会中止のお知らせ

 

テーマ 遺族の悲嘆に、われわれは何ができるのか
日 時 2020年2月29日(土)~3月1日(日)
会 場
龍谷大学 大宮キャンパス 東黌(とうこう)
(〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1)
大会長 村上 典子(神戸赤十字病院 心療内科 部長)
実行委員長 米虫 圭子(京都産業大学学生相談室/主任カウンセラー)
教育セミナー 2020年2月28日(金)開催
教育セミナー申込期間:
2019年12月2日(月)10時~2020年1月31日(金)17時

 

→事前参加登録はこちらから

 

プログラム

【2/29(土)1日目】


10:00~10:05 大会長挨拶(村上典子)
10:05~10:45 大会長講演
「心療内科医として遺族支援に携わって」
座長:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科/教授)
演者:村上典子(神戸赤十字病院心療内科/部長)
10:45~12:15
シンポジウム1
悲嘆研究のUp to Date
座長:
坂口幸弘(関西学院大学人間福祉学部/教授)
浅井真理子(帝京平成大学大学院/准教授)
演者:
川島大輔(中京大学心理学部/准教授)
山崎浩司(信州大学医学部/准教授)
近藤めぐみ(京都大学大学院医学研究科/大学院生)
 
<会員限定企画>
がん遺族の事例検討
座長:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科/教授)
事例提示:石田真弓(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科/准教授)
12:30~13:30 ランチョンセミナー
「葬儀社社員がおすすめするご遺族への対応のポイント」
座長:米虫圭子(京都産業大学学生相談室/主任カウンセラー)
演者:宇屋貴(株式会社公益社 エンバーミングセンター)
13:45~15:15 シンポジウム2
宗教とグリーフケア
座長:
窪寺俊之(聖学院大学大学院人間福祉学研究科/客員教授)
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部/教授)
演者:
佐々木慈瞳(音羽山観音寺/副住職)
森田敬史(龍谷大学大学院実践真宗学研究科/教授)
窪寺俊之(聖学院大学大学院人間福祉学研究科/客員教授)
15:30~16:30

特別講演
「死別悲嘆の社会的打撃」
座長:谷山洋三(東北大学大学院文学研究科宗教学研究室/准教授)
演者:カール ベッカー(京都大学医学部内政策のための科学ユニット/特任教授)

16:30~17:30 ポスター発表

 

【3/1(日)2日目】


9:00~10:00
スポンサードセミナー
「グリーフケアとしてのエンバーミング―さまざまな立場からどう考えるか?」
座長:坂口幸弘(関西学院大学/教授)
演者:安西涼子、田中麻記子(株式会社公益社 エンバーミングセンター)
 
<会員限定企画>
SIG(Special Interest Group)
テーマに分かれての分科会
・がん患者遺族のグリーフケア (進行役:米虫圭子)
・グリーフを支援する人のケア (進行役:瀬藤乃理子)
・遺族会の運営 (進行役:黒川雅代子)
・子どもを亡くした遺族のグリーフケア (進行役:多田羅竜平)
・医療機関で遺族を診ること (進行役:大西秀樹・石田真弓)
10:15~11:15 教育講演1
「遷延し苦痛を伴う悲嘆にどう対応するのか」
座長:村上典子(神戸赤十字病院心療内科/部長)
演者:加藤寛(兵庫県こころのケアセンター/センター長)
11:15~12:45 休憩
12:45~14:15
シンポジウム3
突然の死別におけるグリーフ
座長:
村上典子(神戸赤十字病院心療内科/部長)
滑川明男(仙台市立病院/精神科医長)
演者:
伊東由康(兵庫県立大学看護学部/助教)
寺西笑子(全国過労死 を考える家族の会/代表)
保崎恵理子(京都府警察本部警務部警務課犯罪被害者支援室/臨床心理士・公認心理師)
 
<会員限定企画>
教育講演2
「グリーフケア:環状島から考える当事者・支援者の視点」
講師:宮地尚子(一橋大学教授)
14:30~16:00 シンポジウム4
こどもの喪失体験とグリーフサポート
座長:
茎津智子(京都光華女子大学/教授)
瀬藤乃理子(福島県立医科大学/准教授)
演者:
倉西宏(京都文教大学/講師、カウンセリングルーム*オータム/室長)
西田正弘(一般財団法人あしなが育英会/心のケア事業部長、東北レインボーハウス/所長)
佐藤利憲(福島県立医科大学/講師)
16:00~16:05 閉会のあいさつ